蕪の壺 - 土地があったら蕪を植えよう!

蕪の壺



カブは古くから日本で食べられてきた馴染みの深い野菜です。

海外では動物の餌になることが多いところもありますが、日本ではその繊細さを活かした昔ながらの和の料理には欠かせない重要な食材となっています。

古い書物の人々の生活の中で食べられていたことが書かれていたりします。それは本当にかなり古い時代のものまで入ってきます。

カブ、蕪、かぶ、かぶら、と、いくつもの言い方があります。株とは異なる使われ方をしているようです。

最近の蕪はおどろくほど、緻密な肉質で舌触りも柔らかく、まろやかで甘味があって食味最高です。と、書いてあります。

さらに、見た目も、良型で色も白く、艶があり、生育旺盛で病気にもかかりにくいという最高の褒め言葉が書き綴られています。

確かに作ってみると大変おいしいことが分かります。売られているものも、だいぶ美味しいものもあると思うのですが、技術の進歩は素晴らしいものです。

薄い味の汁物に合うような繊細なカブを作ってみるのもいいかもしれません。