蕪の壺 - 土地があったら蕪を植えよう!

蕪(かぶ)を春、夏に育てる







蕪(かぶ)を春、夏に育てる





蕪は冬だけの栽培なんてもったいない

冬というイメージが強い蕪ですが、どうしても春、夏、秋はあまり作られません。

通常は虫に食べられたり、春は花が咲く、トウ立ちという現象になってしまい難しいことも有ります。

しかし、改良品種や時なし小かぶのようにトウ立ちしずらいものを使えば、ある程度、猛暑は無理ですがいつでもできます。

むしろ、春、夏なんて成長が早くて面白いように作れるのでいいものです。

これからの時代は蕪は春、夏、秋のものだとなってくるかもしれません。

なぜか、夏野菜と言われる、実がなる野菜、果菜というものが成長しづらくなっています。

病気はもちろん、病気以前にそもそも気候が合わなくなって、趣味のガーデーナーではどうすることもできないハウスなどというものが必要になっています。

事実、ほとんどいないと思われます。生産用に栽培していて、夏野菜を露地栽培だけをしているなんて、ほんとうにリスクのあることです。

ほとんどが、葱栽培、ジャガイモ、冬野菜、、こういうサイクルをひたすら繰り返しているのが露地栽培でよく見るものです。

水やりもいらないですし、夏が冬みたいに寒くても暑くても、全然、へっちゃらです。

こんな強健な野菜は冬野菜などと呼ばれる日本に伝統的にある野菜ばかりです。もともと作られていたというものはやはり、道具のなかった時代、 温室なんて無い、そういう時には米と、これらの日本伝統野菜がメインとなっていて、夏場に作られる野菜はおまけみたいなものかもしれません。

蕪をこれほど食べているのはこの国くらいじゃないかと思ったりもします。

不思議ですが、それくらい、とにかくよく育つ。それが蕪です。

ですので、もう、夏野菜なんて辞めて蕪にしてしまおうかと思うのも一興です。

たとえば、キュウリ、ナス、トマトは、もう、露地で自然に育てようなんて考えても、まともに育つことはありません。

極端ですが、かなり寒い日が夏まで続くような時代では、

キュウリは寒さでやられてしまうので、接木苗にしないと収穫量が半分以下でしょう。

ナスも接ぎ木+保温が万全でないと無理です。半分どころか10分の1くらいになってしまうでしょう。

トマトは改良品種を使って保温をすればどうにか、高温になる短期間の間に収穫できるようです。暑すぎてもだめです。また、乾期の間は水がないとあっという間に 枯れてしまいます。

そういうわけで実は相当無理をしているわけです。

それにひきかえ、虫がよってくるという欠点がありますが、冬野菜はいいものです。

また、根菜はいいです。

そういうものしか育たなくなる時代が来るのでしょうか???

しかし夏野菜を辞めて、全部、蕪にしたら、狭い家庭菜園の敷地から、何百キロという蕪がとれてしまい、大変なことになるでしょう。

もちろん、プランターでも相当な収穫効率です。

ただ、虫に葉を食べられるので、防虫ネットが必要ということだけです。昔はないわけですから、葱や根菜を育てるしかなかったわけですが、今では 防虫ネットくらいはあります。

農薬を使うのは厳しいので、ガーデナーは防虫ネットを駆使して蕪を何百キロも育てて、食料資源の足しにでもするといいかもしれません。 年金が増えることを期待するよりも、減ることのほうが確実で、蕪の方がよほどリターンが確実かもしれません。無論、個人で株の売買なんて考えもしないほうがいいでしょう。機関投資家にいいように 翻弄されてしまいます。

つまり、生活のためにやってるんだということなのかもしれません。趣味と実益、いや実益が圧倒的に多いのがガーデニングです。











おすすめのページ!




水槽レイアウトネギ 育て方ズッキーニ 育て方ゴーヤー 緑のカーテン山林 買い方 競売うさぎ 飼い方イチゴ 鉢植え熱帯魚文鳥海釣り公園ダイコン 育て方ショウガ、ミョウガ発芽適温トマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方菜の育て方白ゴーヤー 育て方うさぎ 飼い方