蕪の壺 - 土地があったら蕪を植えよう!

蕪(かぶ)に必要な土地、蕪と株とは?







蕪(かぶ)に必要な土地、蕪と株とは?




株は狭い土地があれば育てられる


それこそプランターで限界まで詰め込んでも、はみ出すほど成長すると思います。

かぶ自体はたいへん細い根を持っていて、膨らんでいるのは根や茎の地上部分です。

これを育てるためには狭い土地でいいわけです。


株と蕪の違い



昔の人ではありませんので想像で考えるに、株は林業のスギやひのきの若い株のことであったのではないでしょうか?

木は確実に30年や50年経てば大きくなって利益を生み出したはずだったので、株をおそらく投資という意味で使った株式の会社ができて、みんなで 株を買いあさって、ひと山あてようじゃないかという発想から考えだされたのでしょう。

今では、株式市場で売買されているものを株といいますが、英語ではstockと言います。

一方、株はplantでしょうか?全く違います。

ストックの場合は保持しておく意味合いが強いような感じです。なんでしょう。いざというときに使うためのもの。

どうやって使うのでしょうか?英語式の会社では、株は困ったら売って操業資金にするか、役員が生活に使うのか?

不明なことは多いです。

蕪はかぶらと呼ばれていたものが、かぶと省略されたようです。つまり、全く関係のない、株と蕪ということです。













おすすめのページ!




水槽レイアウトネギ 育て方ズッキーニ 育て方ゴーヤー 緑のカーテン山林 買い方 競売うさぎ 飼い方イチゴ 鉢植え熱帯魚文鳥海釣り公園ダイコン 育て方ショウガ、ミョウガ発芽適温トマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方菜の育て方白ゴーヤー 育て方うさぎ 飼い方