蕪の壺 - 土地があったら蕪を植えよう!

金町小カブ(かねまちこかぶ)の育て方−種まき方法、時期、肥料、追肥、収穫日数−間引き菜







金町小カブ(かねまちこかぶ)の育て方−種まき方法、時期、肥料、追肥、収穫日数−間引き菜






種まきの時期 肥料(1m²あたり) 栽培方法
冷涼地:7月上旬-9月下旬

中間地/暖地:
 3月上旬-4月上旬
 8月中旬-10月中旬
元肥(例)

・苦土石灰: 0g (酸性が特に強過ぎなければ問題ない)
・窒素: 10g (N)
・リン酸: 12g (P2O5
・カリウム: 10g (K2O)
・堆肥(牛ふん): 1500g

追肥

・窒素: 0g (N)
種まき方法

種は筋を作って直播きします。害虫が発生する時期には防虫対策をします。カブは害虫の被害に合いやすいですのでしっかりとした対策が必要です。


収穫時期

種まき後、60日から70日程度で収穫できます。あまり大きくはなりませんが、長く育てると少し大きくなります。しかし、収穫せずに置いておくと裂果や動物や害虫等の被害に合って、蕪が綺麗な状態でなくなってしまうことも有ります。




金町小カブ(かねまちこかぶ)の育て方