蕪の壺 - 土地があったら蕪を植えよう!

カブは寒さに強く、暑さに弱い!







カブは寒さに強く、暑さに弱い!




寒さに強く、暑さに弱い!

つまりは、寒いほうがいいということですが、人なんて、寒いのにはめっぽう弱いです。

暑さにも弱いです。極端に暑くなければ大丈夫ですが。

カブは少しの暑さ、梅雨時期くらいのむしむしした暑さが苦手です。白くなって、溶けていくように枯れていきます。

カブでも一年中栽培できるものもありますが、そういう品種がありトウ立ちしないようなもの、それでも無理な時期があります。


これからの時代にあった野菜はカブ!

ほぼ、これからの寒い時代には、カブがよく育つと思います。夏でも育つのではないでしょうか。

冬も早くから寒くなり、夏という時期はほとんど一瞬で終わり、秋、冬が一緒になったような感じになるのではないかとも予想しています。ほんとうはわかりませんが、 ただ、寒くなる傾向はあるようなので、カブがいい感じになりそうです。

そういえば、昔の国内の野菜は、カブとか大根とか多かったようですね。だいぶ昔の話です。まだ、茅葺屋根に住んでいた頃の話ですが、古典にもカブは古くから 登場していました。

そんなおそらく、この気候にあったカブというものがいいのではないでしょうか?

近年は温暖化だとあおられていましたが、さすがに、一年中南国のファッションを冬でも身にまとい歩いているような事も、厳しすぎる寒さのため都会でも限界を 感じていることだと思います。さすがに若さに任せて真冬に薄着をしても無理だと気がつく時が来るでしょう。

それはさておき、カブは寒くても問題ないわけです。

むしろ、カブは寒いほうが美味しく、甘くなりやすいです。そんなわけで、これからの寒い時代をあえて心地よく過ごすなら、カブを作るほうがいいでしょう。

無理して冬なのに夏野菜を食べたりせず、冬には冬の野菜を食べるほうが、体にあった食事になると思います。